» 日記のブログ記事

私は、35歳の貿易商社に勤める女性です。

主人とは、半年前に上司の紹介によりお見合いを経て結婚しました。

お見合いから結婚まで3か月

お見合いから結婚まで3か月と時短結婚。

なので、最初は結婚の実感がなく、「あー結婚しちゃったのか」という程度でした。

私が、この歳まで結婚をしなかった理由

私が、この歳まで結婚をしなかったのは、独身主義ではありません。

仕事柄、海外出張が多いです。

海外から戻ってくると彼がいなくなっているということが3・4回。

その後、男性と付き合うことさえしなくなっていました。

上司に言ってみたら、お見合い写真

上司に、給料を上げるか、男を連れてくるか、どっちかにして欲しいというと、お見合い写真を持って来たのです。

写真の人も、仕事が忙しく、婚期を逸してしまったとのことです。

結婚してよかったなぁ、と思うようになりました。

半年経って、結婚してよかったなぁ、と思うようになりました。

親の喜ぶ顔が見れて良かった

まず、両親が頻繁に電話してくるようになりました。

前は、こちらから電話しないかぎり音信不通です。

親の喜ぶ顔が見れて良かったです。

夜遅く家に帰ると電気が点いているのがいい

次に、夜遅く家に帰ると電気が点いているのがいいですね。

前は、帰るとざっとシャワーを浴びて、ビールを飲んで寝るだけです。

ナイトメークで5歳若返った

今は、ナイトメークをしてから寝ています。

そのせいか、周囲から5歳若返ったと言われています。

本当に、結婚して良かったです。

月曜到来。

一応土日の充電後なのに、冬が近いせいか、平日でも冬眠モードな日々。

今日もNHKニュースウエブを見守って、内職に励むとしよう、と、このように、大変な夜型なのです。

冬は着ぶくれになります。

しかし、冬は、エネルギーに優しくないことが発覚。

さすがに冷え込む夜、ヒーターをつけっ放しも、もったいない。

なので、原始的に着ぶくれることにします。

選挙

そういえば、大きすぎるニュースほど、忘れがちですが、選挙があったのでした。

明日から告示と言ってます、ということは、外がうるさいということですね。

何かちょっとテンションが落ちたなあ。

めげずに寝ていよう。

そう、選挙カーの絶叫タイムは、睡眠時間なのです。

告示ではなく、公示だとか、何が違うんでしょう。

毎回調べて忘れているようです。

私が薄毛に悩まされ始めたのは、30歳目前という頃です。

私の家系は代々髪が薄い方が多かったのです。

いつかは来ると覚悟はしていました。

覚悟はしていたけれど、いざとなるとショック

しかし、せめてあと5年は大丈夫だと考えていたので少しショックでした。

こんなにも突然くるものとは思いもしませんでした。

気がついたのは、彼女から、最近、頭頂部が薄くない~?と何気なく言われたことからでした。

それから半年経っても、その部分に毛はあまり生えていませんでした。

そして、本格的に薄毛になったのだと実感したのです。

育毛剤やシャンプーが気になりだす。

それからというもの、インターネットや雑誌などを駆使。

薄毛に効くという育毛剤やシャンプーを探し出し使いました。

しかし、どれもこれもほとんど効果はなく、いたずらに時間だけが過ぎていったのです。

「フィナステリド配合育毛剤」に出会う

そんな折、ある商品広告を見つけたのです。

それは「フィナステリド配合育毛剤」というものでした。

フィナステリドという言葉は初耳でした。

そもそも今までいろいろなものを試してダメだった経験からあまり信用していませんでした。

けれど他に頼れる育毛剤もなかった私。

とにかフィナステリド配合育毛剤を紹介しているサイト>を調べました。

すると今、育毛剤では、ミノキシジルとの2強になっていることが判りました。

また、値段も手ごろで手に入れやすく効果も期待できるようなことが書いてありました。

完全に信用したわけではありません。

が、今使っている育毛剤もあまり成果はないです。

これがなくなったらフィナステリド配合育毛剤を使用してみたいと思っております!

嫌なことを言う人に対して、どのように考えればよいか。

毎日生活しているなかで、感じの良い人もいれば悪い人もいます。

相手の良いところを見て褒めてくれるような感じの良い人もいます。

が、なかには相手の欠点を取り上げて悪口のようなことを言い、人を平気で傷つける人もいます。

欠点のない人はいない

欠点のない人はいないと思います。

そのような欠点を指摘されると非常に嫌な気持ちになります。

直せないような部分を取り上げて、口汚く悪口を言われたりしますと、本当に悲しくなるものです。

そのような時は、落ち込んで何をしても楽しくなくなります。

私は最近、考えた

私は最近、そのような嫌な人に悪口を言われたのです。

そういった状況でどのように考えればよいか悩みました。

その結果、次のように考えることにしました。

それは、そのような嫌な人に

悪口を言われることによって、私を精神的に強くしてくれるように神様が試練を与えてくれたのだ

と、考えるようにしたのです。

そのような感じで、何事にも感謝して生きていこうと、ポジティブに考えることにしました。

無邪気な笑顔の写真には、カメラマンの腕は不必要

趣味半分、仕事半分といった感じでカメラを持って出かけることがよくあります。

基本的にはデザインで使えるような素材写真を撮りに出かけています。

ですが、風景写真や、人物写真も面白いものが撮れそうなときはよくシャッターを切っています。

いい表情が撮れると満足感

よい素材写真が撮れれば、基本的には満足なです。

待ち行く人々などのいい表情が撮れたりすると、素材写真とは違った満足感があります。

特に、公園で遊ぶ子供たちの表情などは、いい被写体になってくれます。

オート設定でも笑顔があれば素敵な写真に

私は本職がカメラマンというわけではないです。

なので、基本的に露出などはカメラのオート設定にまかせっきりです。

子供の表情は、フレームにきっちり抑えれば、それだけで素敵な写真になってしまいます。

また、その写真をプリントアウトして、再び被写体となった子供やそのご両親にあったときに写真を渡すと、とてもいい笑顔をみてせくれるのでこっちも笑顔になります。